© covacova.com .all rights reserved.

October 31, 2019

September 29, 2019

August 31, 2019

July 1, 2019

Please reload

最新記事

11月の予定

October 31, 2019

1/4
Please reload

特集記事

学校に行かなくていいよと言う前に、

2019/08/28

夏の遊び疲れからようやく回復しつつあるこばこばです。

 

今週は、

29日Eden納品

30日工房販売

31日モアマルシェ

 

ようやく、仕事開始です。

 

最近、いじめとか不登校の記事が目にすることが多く、

なんでだろ~?

と思ったら、

 

夏休みが終わりだからですね。

 

 

最近は、

学校が死ぬほどいやなら行かなくっていいんだよ。

逃げていいんだよ。

と言った感じのメッセージを沢山見かけるのですが、

 

ちょっとだけ違和感を感じます。

 

学校が死ぬほどいやなら行かなくていい=学校に行かないのはいじめられてるから

 

と思われるって子供は思っているのでは?

 

理想としては、

子供には何でも相談して欲しいと

親ならば思いますが、

 

現実的には、

いじめられていると言うことは、

子供のプライドとして、親には知られたくない事なのでは?

 

 

だったら、

学校は毎日行かないといけない場所ではないし、

絶対に行かないと行けない場所ではない。

 

極端な話、

行きたい人が行ける場所

 

ぐらいにしておけば、

 

今日は行きたいわけじゃないから行かない

 

って気軽に休めるのでは。

 

 

親としては困りますけど(笑

 

 

 

私は息子達に

学校とは、沢山の方が働いて納めてくれた税金で行くことが可能なラッキーな場所。

と説明しています。

 

大人は、子供が学校に行くチャンスを作る義務がありますが、

子供には行かなければいけない義務はないと。

 

 

ま、

「ラッキータイムなんだから、行っておきなよ。」

と結果猛プッシュしますが(笑)

 

 

 

世の中に、

 

しなければいけない

 

なんてことは、本当はそんなにないのに、

大人達がそう思い込んで、子供に押しつけていることが沢山あると思います。

 

学校は、行かなければ行けない場所ではないし、行きたくなければ行かなくていい場所でもなく

 

行きたいときにいける場所

 

と、まず、大人思えれば

 

子供達はもっと安心して選べるのでないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索